ワーキングホリデーでカナダ留学

カナダ留学の希望はあっても、費用が気になって躊躇している場合は、ワーキングホリデーを利用するのもひとつの方法です。



カナダでは、18歳から30歳の若者に、1度だけワーキングホリデーの機会を提供しています。
ワーキングホリデーを利用すると、1年間カナダに滞在でき、しかもその間働くことができます。
通学期間は半年以内となります。

ガジェット通信の知りたかった情報がきっと見つかります。

費用を気にせず渡航できますので、人気のある制度です。


渡航費用は、現在ではあまり気にするほどの額ではなくなっています。

ワーキングホリデーを使っての渡航だと、片道航空券となりますから、往復の格安航空券は使えませんが、それでも例えばバンクーバーで、7万円台前半というときもあります。


1年間の往復オープン航空券を購入していても、10万円から15万円ほどになることが多いです。以前のように、片道数十万円ということはありませんから、渡航費用は心配しなくていいでしょう。問題は滞在費です。

1年もの長期滞在となると、200万円くらいはかかるでしょう。

カナダ留学情報選びをお手伝いするサイトです。

カナダで働けるなら、それを事前に用意しなくて済みますので、気軽にカナダ留学できます。

ワーキングホリデーを利用できるのは、20万円から25万円ほど保持していて、滞在中、医療保険に加入可能で、扶養家族が同行せず、帰りの航空券を持っているか、帰りの航空券を買える金額を保持している18歳から30歳の若者です。

以前にカナダ留学で、ワーキングホリデーを利用していないことも条件となります。