カナダ留学でのビザの種類

カナダ留学する場合、半年以内の滞在であることが確実であるなら、ビザは必要ありません。

ビザとは、外国が発行する入国許可です。

パスポートは日本国が発行する身分証明証です。
海外には、日本のパスポートがあれば、それだけで入国させてくれる国もあります。
カナダもそのうちのひとつで、6か月以内の滞在であれば、日本のパスポートを見せるだけで入国できます。

カナダへの日本人観光客も、みなそうやってカナダに入国しています。留学目的であっても、滞在が6か月以内であれば同様に入国できます。

livedoorニュースに関する有益な情報が満載です。

ただし、この場合、カナダで働くことはできません。カナダ留学では、ワーキングホリデーか学生ビザが取れれば、通学しながらカナダで働くことができます。

ワーキングホリデーは、18歳から30歳までという年齢制限があり、利用できるのは1度だけです。

申請はカナダ大使館にオンラインでおこないます。

明日に役立つカナダ留学情報選びをお手伝いするサイトです。

実質的にはパスポートをスキャンしてアップロードするだけで済みますので、比較的簡単に利用できます。滞在可能期間は1年間で、そのうち通学できるのは半年以内です。
学生ビザは、それよりも複雑な手続きとなります。

ただ、年齢制限がなく、小学生でも取得できます。
学校側が通学許可を出せば、無期限で滞在でき、申請すればカナダで働くこともできます。

学内でのアルバイトであれば、申請も必要ありません。



学生ビザを取るには、カナダ留学先の学校の、入学許可証が必要となります。